鹿児島県の島奄美群島>与路島(よろしま)
与路島の地図(Yahoo!地図情報)
与路島(よろしま)
与路島(よろしま)
残された古代語とサンゴの石垣
住所/鹿児島県大島郡瀬戸内町大字与路
面積/9.35km2周囲/18.4km
人口/137人(H17)・165人(H12)・188人(H7)国勢調査
アクセス/【船】旅客船「せとなみ」
奄美大島・古仁屋港→請島→与路港(1時間40分)
他、古仁屋港からチャーター船(1時間~1時間30分)

奄美空港から名瀬まで連絡バスで50分。名瀬からバスやレンタカーで古仁屋港まで1時間20分。古仁屋から海上タクシーを使っても与路港まで1時間30分。待ち時間などを考慮すると奄美空港から与路島まで4時間はかかります。与路島を目指すのはなかなか大変です。
与路島には集落は1つしかありません。ひっそりとした路地を歩くとサンゴを積み重ねた石垣が連なります。南の島の昔からの風景です。その石垣も隙間にハブが棲み付くために次第に敬遠され、最近ではあまり見られなくなってきました。サンゴの石垣が残された与路島。石垣のあちらこちらにハブを退治するための用心棒(ハブ棒)が立てかけられています。無くなりつつある風景、貴重な文化遺産です。
来訪者が少ない所には残されたものがたくさんあります。島を取り囲む透明度の高い海は全てがダイビングスポット。そしてゆったりと流れる時間は言葉も置き去りにしています。奄美の方言には古代語の響きが残されているといいますが、なかでもこの与路島にはその傾向が強く、研究者も訪れるほどです。
全体的に山がちで大勝山(297m)を中心に平地は少なく海岸まで山が迫っています。与路港の南側にある三丁落鼻は100mを超える断崖絶壁で、藩政時代は犯罪人の処刑場だったといいます。ハンミャ島や対岸の請島を望みながら断崖から突き落とされる気分はどんなものだったのでしょう?
島内を歩いているとヤギが飼われているのをよく見かけますが、山の斜面では牛が放牧されています。特産品は食肉用和牛、そしてソテツの実。ソテツ(蘇鉄)の実は毒を含んでおり、この地方では“ナリ”と呼ばれています。毒抜きをして「ナリ味噌」等のように食用にもできますが、赤くてきれいなソテツの実は主に観賞用として出荷されています。
宿は民宿が6軒。キャンプも出来ますが、ハブが怖そうです。
2009年『涼をよぶサンゴの石垣』で「島の宝100景」に選ばれました。

ハンミャ島(はんみゃじま)
無人島の吹上浜
住所/鹿児島県大島郡瀬戸内町大字与路
面積/0.13km2周囲/?km
人口/無人島
アクセス/与路島からチャーター
ハンミャ島は与路港の沖合い2kmほどの距離にある小さな無人島です。
東側は断崖になっていますが、西側には砂浜があります。砂が風によって吹き上げられたような格好になっているので「吹上浜」として知られており、無人島気分を味わいたいときにはお勧めの島でしょう。
オオミズナギドリなどの海鳥の繁殖地だったり、海ガメの産卵地だったりします。また周辺の海は大物が釣れるという評判ですが、あまり釣り人は居ないようです。

関連リンク

ようこそ 奄美 瀬戸内町のホームページへ
奄美-瀬戸内ドットコム

●奄美大島の宿(じゃらん) icon

GSI
ユーティリティーBOX L

ロゴス(LOGOS) ニューレインブレススーツ L 52 イエロー

GSI Nケース840
ブルー
▲鹿児島県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP
▲奄美群島
※奄美大島 ※請島 ※加計呂麻島
09/02/13--------------------------------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.