熊本県の島>>下須島(げすしま)
下須島(げすしま)天草諸島
アートポリスの橋
住所/熊本県天草市牛深町下須島
面積/4.47km2周囲/34.2km
人口/?人(H17)・1,516人(H12)・1,687人(H7)国勢調査
アクセス/熊本市から車で3時間30分/【船】長島・蔵々元→牛深港(40分)

牛深(うしぶか)は天草下島の南端にあり、熊本県最大の漁港の町です。そして牛深港の南側を形作っている島が下須島で、天草下島とは通天橋と牛深ハイヤ大橋の二つの橋で結ばれています。
通天橋は1971年に開通し、橋長は125.4m、赤いパイプが印象的なアーチ橋です。車がやっとすれ違うことができるくらいの橋ですが、天草下島と陸続きになったことの意義は大きなものがありました。橋のたもとには通天公園があり、牛深港の様子や周辺の島々が一望できます。
牛深ハイヤ大橋は旧来からある東側の漁港と水産加工場がある西側の地域を結ぶことを目的として計画されたもので、幅13.6m、全長883mという熊本県最長の橋として1997年8月に開通しています。牛深の海を大きくカーブしながら横切る大橋と、その中央から下須島へと降りて行くループ橋の交錯する姿は、青い海の上を閃光が走り抜けているかのような素晴らしい景観を誇っています。
熊本県は1988年から「くまもとアートポリス」というプロジェクトが実施されています。当時熊本県知事だった細川護煕氏が提唱したもので、地域の特色を生かした都市づくりと建築文化の向上をコンセプトとして、数々の建築物が造られてきました。牛深ハイヤ大橋もその中の一つで、著名な建築家の設計・デザインの基に造られました。総工事費122億円という巨費を投じて造られた橋に賛否両論、意見は色々ですが、自然に溶け込んだ美しい建造物は人間の英知と偉大さを感じさせてくれます。
ハイヤ大橋の“ハイヤ”とは、西日本地域で南風のことを“ハエ”と呼ぶことから、これが訛って「ハイヤ」となったものです。牛深では南風が吹くと雨が降ったり、海がシケたりで漁に出られないことが多く、その時漁師が酒盛りをしながら唄ったものが「牛深ハイヤ節」として定着しました。昔から良港として知られる牛深の港には他地域から寄港する船も多く、そういった船が各地にハイヤ節を伝え、阿波踊りのルーツにもなったと言われています。
下須島にはまだまだ美しい自然がたくさん残されています。透明度が高い海には色とりどりの珊瑚や熱帯魚が見られ、ダイビングスポットもたくさんあります。また南側の入り江には白い砂浜が1kmも続く砂月海水浴場があり、シーズンには家族連れやカップルなどにも人気です。
下須島周辺には戸島、法ケ島、片島(龍仙島)、大島、黒島などの無人島や平瀬、烏帽子瀬などの岩礁がたくさんあります。牛深港から出航しているグラスボートに乗れば、無人島の洞窟や奇岩を見物することも、船底の窓からはダイバーさながらの海底散歩も楽しむことができます。
また、牛深港と下須島の天附(あまつけ)港とを連絡している渡船「天附丸」が今でも運行されており、違った角度からハイヤ大橋や港などを眺めてみるのも面白そうです。

関連リンク

ようこそ天草市へ
-天草宝島観光協会ホームページ-
◆天草下島・下田の宿[じゃらん] icon
▲熊本県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP
09/05/13