宮崎県の島南那珂群島幸島(こうじま)
幸島
幸島地図
幸島(こうじま)南那珂群島
文化ザル
住所/宮崎県串間市市木 面積/0.3km2周囲/3.5km
人口/無人島 アクセス/渡し舟(予約)
概要
幸島・鳥島
幸島は宮崎県の南端、串間市の石波(いしなみ)海岸沖約300mにある無人島。400mほど東には無人島の鳥島が並んでいます。
古くからニホンザルの生息地として知られていた島で、地元ではこの島のサルを弁天様の使いとして「和子様(わこさま)」と呼び親しんできました。なぜこの島にサルが棲みつくようになったのかは分かっていませんが、平家の落人が神使のために飼ったのが始まりだという話もあるようです。昭和9年には「幸島サル生息地」として国の天然記念物にも指定されています。
芋洗いサル
昭和23年、石波海岸に京都大学霊長類研究所が置かれ、同25年には日本で初めてサルの餌付けに成功。同29年には砂にまみれたイモを海水で洗うサルが観察されています。その後、多くのサルが麦を洗ったり水泳をしたりする姿が見られ、文化を持つサルとして世界的にも注目を浴び、大きな話題にもなっています。近年では個体数増加を抑えるために餌付けは制限されていますが、浜辺で生魚にかぶりつくサルも現れ、観光客誘致の新たな話題にならないか検討されているようです。
幸島のサル研究には三戸サツヱという女性の存在がありました。小・中学校の教員をしながら京大の研究所とともに幸島のサルを見守り、「芋洗いサル」の発見などに貢献し、著書も残されています。三戸サツヱさんは平成24年(2012)に97歳で亡くなられましたが、幸島の文化ザル達はいつまでもサツヱさんのことを覚えていることでしょう。

関連リンク

串間市串間市観光協会

市木温泉
たぎり荘
たぎり荘
温泉:金土日 8時~20時 大人300円 子供100円
民宿:連日 素泊り3,200円 朝食付き3,500円 朝夕食付き5,000円 子供半額[たぎり荘ブログ
串間市の宿
楽天ウェブサービスセンター

16/04/08----Copyright(C)日本の島へ行こう All rights reserved.