平島(ひらしま)

▲長崎県の一覧に戻る

▲全国の一覧に戻る

▲五島列島へ  

平島(ひらしま)
住所/長崎県西海市崎戸町平島
「ナーマイドー」は長く続く
面積/5.915km2周囲/16.9km
人口/279人(H17.10.1)
アクセス/[崎戸商船]みしま
【フェリー】
佐世保→蛎浦島(かきのうらしま)→江島→平島港(2時間54分)
中通島・友住(崎浦港)→平島(20分)

平島は西海市に属しますが五島列島の頭ケ島との距離は約5kmほどで西海市の西端です。崎戸4島(蛎ノ浦島、崎戸島、江島、平島)のうちで一番大きな島です。
漁業の島でイセエビ・ハマチ・サワラなどが特産で、江戸時代は捕鯨の島でもありました。
平島には200年続く百万遍(ひゃくまんべん)という行事があり、地区の人達が縄を持ち寄り、それをより合わせて長さ30mにも及ぶ大縄を「ナーマイドー」と唱えながら持ち上げ、みんなで島中を練り歩きます。僧と庄屋の娘が悲恋の末、海に身を投じて亡くなったことが始まりのようで、二人の供養と島の安全を祈願するという意味があるそうです。毎年7月の中旬に行なわれ、行事が終わらないと子供達は海で泳いではいけないとう言い伝えがあります。

西海市ウェブサイト
Welcome 崎戸町
ながさきの「しま」

バナー

←2004年 長崎 平島 1

08/01/25