長崎県の島>松島(まつしま)
松島の地図(Yahoo!地図情報)
松島(まつしま)
松島(まつしま)
昔は採掘、今は輸入。石炭の島
住所/長崎県西海市大瀬戸町松島
面積/6.39km2周囲/16.3km
人口/605人(H22)・677人(H17)・789人(H12)・935人(H7)国勢調査
アクセス/[西海市営交通船][西海沿岸商船][江崎海陸運送
[定期船]瀬戸港→松島港(10分)/
[フェリー]瀬戸港→松島港(25分)/[高速船]佐世保港→大島→松島(50分)

西海市の松島は西彼杵半島の西側、角力灘(すもうなだ)に浮かぶ島で、瀬戸港から1km程の距離にあります。江戸期以前は地元の漁師などの出入りはあったものの、人家もあまり見られず松林が茂っていたので松島という名が付いたようです。
江戸期に入ると大村藩によって島の頂上(217m)に遠見番所が置かれたり、釜浦辺りに定住する者も居たようですが、元禄期に松島水道で鯨漁が行われるようになると西泊の港は一気に活況を呈するようになります。元禄8年(1695年)に平島よりこの地に移り住んで捕鯨を始めた深沢与五郎はたちまち巨万の富を築き、同時に松島鯨組は広く世間に知れわたることになります。その後100年程クジラの時代は続きますが、今では西泊の正定院に残る与五郎の大きな墓が当時の繁栄を偲ばせるばかりです。
捕鯨とともに松島を繁栄させたものに石炭があります。古くから燃える黒い石のことは知られていましたが、松島で採掘が始められたのは天明2年(1782年)のことです。採掘といっても最初の頃は需要も少なく技術も乏しかったので大掛かりなものではありませんでしたが、製塩や黒船の燃料としてその価値が見出されてくると、次第に生産に力が入れられるようになります。
そして、明治、大正、昭和と石炭は国の基幹産業へと発展し、松島も大正時代の終わり頃には人口13,000人を数えるほどの発展を見せています。しかし、昭和9年の炭鉱事故やその後の石炭産業の衰退とともに昭和38年に松島炭鉱は閉山しています。
今では石炭の採掘は行われていませんが、昭和56年に操業を開始した電源開発(株)松島火力発電所が石炭による火力発電を行い、九州・四国・中国の各電力会社に電力を供給しています。燃料となる石炭は中国やオーストラリアからの輸入炭を使い、100万kwの出力を誇っています。
■見どころ
松島の周囲はマリンスポーツやダイビングが楽しめる美しい海が広がり、「遠見岳展望所」からは五島灘や佐世保の景色が見渡せます。
春には桜が綺麗な「松島神社」。タイやイサキなどの釣りのポイントで夕陽が美しい「千畳敷」。小さくても景色は最高、ネーミングが面白い「日本一小さな公園」。かつての繁栄を偲ばせる「松島炭鉱四坑跡」。静かで長閑な「外平海水浴場」。
■島内の宿
松島港を東に少し進んだ辺りに「民宿清和荘(0959-22-2100)」営業は不明。他に工事関係者や発電所関係者が宿泊する宿が2軒あるようですが、不明。

関連リンク

長崎県西海市ウェブサイト

▲日本の島へ行こうTOP▲長崎県の島>●松島
西海・大島の宿[じゃらん]

◆長崎市・西彼杵半島の宿[JTBるるぶ]
◆佐世保・平戸・ハウステンボスの宿[楽天トラベル] icon

10/03/16