沖縄県の島八重山諸島新城島
新城島
新城島
新城島(あらぐすくじま:パナリ島)八重山諸島
人を寄せ付けない神秘の島
住所/沖縄県八重山郡竹富町字新城
面積/上地島1.76km2・下地島1.58km2周囲/上地島6.2km・下地島4.8km
人口/16人(H22)・11人(H21.3住基)・8人(H12)・9人(H7)国勢調査
アクセス/【船】観光船(チャーター船)[パナリ島観光
西表島・大原港→上地港(15分)/石垣港→上地港(40分)
概要
新城島は西表島の南東6.3kmの海上に浮かぶ二つの島の総称。北側の長方形の島が上地島、南側の丸い島が下地島。二つの島は干潮時には歩いて渡れる程の浅瀬で繋がりますが、潮が満ちてくると完全に分かれてしまうため地元ではパナリ(離れ)島と呼んでいます。定期船はありませんが、石垣島や西表島から日帰りツアーやダイビングで多くの人が訪れます。
ジュゴン
かつて沖縄の海には多くのジュゴンが生息していました。琉球王府はこの新城島に捕獲の許可を与え、特別にジュゴンの干し肉を税として納めさせていました。琉球では古くからジュゴンを食肉とすることもありましたが、一方では神秘的な動物としてまた海の守り神として崇める存在でもありました。上地島にはジュゴンを祭った御嶽(神社)があります。今でも一般人は御嶽に立ち入ることは出来ず写真撮影も禁止されています。毎年6月に行われるブーリー(豊年祭)には部外者は島に入ることも出来なくなります。
タカニク
記録では1737年の新城島の人口は705人、賑やかな島でした。しかし時代とともに数を減らし、昭和の時代には戦争の影響もあり人口減少が加速。昭和38年には下地島が廃村となり、上地島も無人になる手前まで過疎化が進んでいます。戦後作られた学校も暫くは子供達の姿を見ることができましたが、中学校は昭和38年に西表島の大原中学校に統合、小学校は昭和50年に廃校となっています。タカニクや中森(波照間ムリ)は17~18世紀頃に造られた烽火台跡で、実際に使用されていた頃の新城島にはたくさんの人が暮らしがあったようです。。
中森
1970年代の始め頃にリゾート開発の話が持ち上がり、その時放たれたクジャクが野生化し増えすぎて問題になったことがあります。現在では駆除が進み、新城島は美しく神秘的な島として静かなブームを呼んでいます。

関連リンク

●日本の島へ行こう沖縄県の島八重山諸島新城島

新城島の宿
ツアーで宿泊可能?(新城島観光

じゃらんパック

八重山の宿
楽天ウェブサービスセンター

17/12/31---Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.