沖縄県の島慶良間列島>慶伊瀬島[神山島・ナガンヌ島・クエフ島](別名チービシ)
慶伊瀬島(けいせじま)
慶伊瀬島(けいせじま)[神山島・ナガンヌ島・クエフ島](別名:チービシ)
青と白と透明の世界が広がる3つの島
住所/沖縄県島尻郡渡嘉敷村字前島
面積・周囲/神山島[面積0.29km2・周囲約2km]/ナガンヌ島[面積0.29km2・周囲約3km]/
クエフ島[面積0.02km2・周囲約0.6km]
人口/無人島
アクセス/[クルーザー定期船]
那覇・泊港(とまりん)→ナガンヌ島(約20分)/那覇北マリーナ→クエフ島(約25分)
神山島へはチャーター船

慶伊瀬島とは慶良間列島の東端にあり、渡嘉敷村に属する環礁群の総称を指します。神山島、ナガンヌ島、クエフ島という隆起サンゴ礁で出来た3つの島の総称で、チービシ(慶伊干瀬)とも呼ばれています。沖縄本島の那覇港から西北西へ約10km、高速船で20~30分で行けるため、渡嘉敷島からというより、那覇からのツアーで訪れる人がほとんどです。
神山島には灯台(昭和47年初点灯)があり、その周りはこんもりと盛り上がって緑が見えます。透明の海とサンゴ礁には定評があり、ダイビングで訪れる人が多いようです。上陸してみると太平洋戦争当時の残骸か昔の採砂場の跡なのか、人工物の朽ちた姿を見ることができます。実際に沖縄戦の時にはアメリカ軍の砲台が置かれ、ここからも沖縄本島へ向けて砲撃が行われたそうです。神山島はナガンヌ島やクエフ島のようにリゾート色は少なく、島に上陸する人も少なめです。その分自然が残されており、海鳥のアジサシが巣を作ったり、ウミガメの産卵場だったりします。
ナガンヌ島はブーメランのような横長の形をしています。長い物という意味のナガンヌは島全体が白いビーチです。こういった島は写真で見たときの爽やかさとは裏腹に、実際に行ってみると陽射しの強さに閉口してしまうものです。しかし、ナガンヌ島にはマリンレジャーの会社が用意した施設がおしゃれに並んでいます。陽射しを避けるためのレストコテージ、シャワー・ロッカー・更衣室を備えたパームハウス、水洗トイレもあります。何も無い無人島というより、くつろぎや癒しをイメージした、誰でも安心して過ごせるリゾートアイランドです。
クエフ島はナガンヌ島をそのまま小さくしたような形ですが、長さは200m、高さも2mほどしかなく、ちょっと高い波が押し寄せてきたらすぐに埋没してしまいそうな感じがします。実際には周りを環礁が取り囲んでいますから、沈むようなことはめったにありませんが、波が高くなる冬場は上陸できなくなります。
クエフ島にはナガンヌ島のようなコテージもクルーザーが停泊する桟橋もありません。島に上陸するには遠く離れた地点にクルーザーを泊めて、そこから先の浅瀬はマリンジェットやゴムボートで浜まで移動します。島の真ん中には救護施設と簡易トイレ、それに売店があり、パラソルやビーチチェア、シュノーケリングセット等の貸し出しも行われています。
チービシは誰もが一度は憧れる青と白と透明の世界です。那覇から僅か20~30分で行ける手軽さもあって人気のスポットです。しかし、相手は無人島、事前に注意事項や必要なものをチェックしておいたほうが無難なようです。
ナガンヌ島へは「ナガンヌ島オフィシャル」、クエフ島へは「サウスtoサウスマリンクラブ」、神山島へは那覇のダイバーズショップへの問い合わせが基本です。

関連リンク

渡嘉敷村 - 公式サイト渡嘉敷村観光協会/<<渡嘉敷村を“じゃらん”で検索>>

▲日本の島へ行こうTOP▲沖縄県の島▲慶良間列島>●慶伊瀬島

慶良間列島
▲慶良間列島

Della(デラ)リラクゼーションCD波~慶良間・久米島 DLNS-106 ネイチャー・サウンド・ギャラ...
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】夏沖縄120_60
09/07/04--------------------------------Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.