沖縄県の島宮古諸島来間島(くりまじま)
来間島
来間島
来間島(くりまじま)宮古諸島]
スムリャー、ウプヤー、ヤーマスヤー
住所/沖縄県宮古市下地字来間
面積/2.84km2周囲/7.6km人口/157人(H22)・197人(H18年住基台帳)・189人(H12)・166人(H7)国勢調査
アクセス/[宮古協栄バス]平良から来間島まで約30分
概要
来間島は宮古島の南西に接する平坦な島。北東にある龍宮展望台が最高点(標高47m)。南西へ行くにつれて次第に低くなっています。
宮古島とは全長1,690mの来間大橋で結ばれています。沖縄県内では名護市にある古宇利大橋(1,960m)に次いで長い橋。
サトウキビや葉タバコ、マンゴーなどの栽培が盛ん。白い砂浜が900m続くナガマ浜など美しい景色が広がりますが、観光客は少なめ。
伝統祭りは「ヤーマス御願(うがん)」。宮古島から来た3兄弟が来間島を再興したという言い伝えがあり、3兄弟の子孫、スムリャー(長男家)、ウプヤー(二男家)、ヤーマスヤー(三男家)の本家に一族が集まり、酒を酌み交わし踊りながら子孫繁栄と豊穣を願うという祭り。スムリャーミャーカとは、スムリャーの大きなお墓という意味。

関連リンク

●日本の島へ行こう▲沖縄県の島▲宮古諸島●来間島

行ってはいけない!ニッポン「不思議島」異聞 (別冊宝島 (1323))
潜入!ニッポン不思議島 (宝島社文庫 574)
恋がかなう魔法の法則―恋の神様パワーが宿る宮古島の海からの奇跡の贈り物! 大好きな人と不思議なくらいう

宮古島市の宿

18/03/24---Copyright(C) 日本の島へ行こう All rights reserved.