沖縄県の島>>慶良間列島>>前島・ウガン島・中島・ハテ島
前島(まえじま)
めーげらま王国
住所/沖縄県島尻郡渡嘉敷村前島
面積/1.60km2周囲/7.0km
人口/5人(H17・住民登録)・2人(H15・住民登録)・0人(H7)
アクセス/那覇からチャーター(約1時間30分)/渡嘉敷島からは約30分

前島は地元の人はメージマとかメーゲラマと呼んでいます。那覇から向うと慶良間の手前の方にあるので、前慶良間(メーケラマ)→“めーげらま”です。
渡嘉敷島の東約7km、那覇からは西へ約20km、チービシ環礁(慶伊瀬島)と渡嘉敷島の間にある細長い島で、北に続くウガン島、中島、ハテ島を含めてサンゴの環礁の中にあるため周囲の砂浜は白く、海はエメラルドグリーンをしています。しかし、隆起珊瑚礁の島にありがちな平坦さは無く、どの島も緑に覆われた山が盛り上がった形をしています。
戦前はこの森のリュウキュウ松などを利用した薪(たきぎ)の産地になっていました。この薪は“慶良間薪(けらまたきぎ)”あるいは“キラマダムン”というブランドとして知られており、火付きが良いキラマダムンは良質の燃料として重宝されていたようです。
戦前、戦後とカツオ漁も盛んで、次第に島も整備されるようになり、昭和30年には水道施設も完備されました。しかし、度重なる台風の被害やカツオ漁の不振などにより、昭和37年(1962年)には全島民36人が沖縄本島へ移住し、無人の島となりました。
昭和60年頃から平成4年まで3人の定住が認められていますが、以外は釣り人やダイバーが立ち寄るくらいで、島も荒れるがままといった状態でした。しかし、かつては小学校もあった島。当然、前島が故郷だという人もたくさんいます。そして、「もう一度自分の故郷を人が住む島にしたい」と、一人で荒地を整備し、畑を耕し、家を建て、島の再興を現実のものにしようと力を注ぐ人が現れます。平成15年にはその情熱に賛同者も現れ、前島の一部を「めーげらま王国」と名付け、開拓者の中村文雄さんを国王と定めて島のイメージ作りも始められました。そして、那覇市前島には王国の見学や移住希望者、ボランティアの受付など島の玄関口として大使館が置かれ、住人も4人、5人と増え、夢の実現への努力が少しずつ現実のものになりつつあるようです。

ウガン島(拝島)・中島
神を祀る島
面積/0.18km2周囲/?km
人口/無人島
アクセス/干潮時には前島と陸続きになる。

地図には中島や仲島とありますが、前島のすぐ北にある島はウガン島(拝島)という名前で、次の小島が中島、最後がハテ島(端島)という名前だと思います。正式には分かりませんが、一応ここでは前島の直ぐ北にある島はウガン島とします。
前島、ウガン島、中島、ハテ島は一つのサンゴの環礁の中にあるため、周りには浅瀬が広がっており、干潮の時には全部の島が歩いて渡れるようになります。
ウガン島は漢字では拝島と書くように、昔はニライカナイ神が祀られる御嶽(おたき)とされていたようです。ニライカナイとは奄美地方や琉球に伝わる“あの世(幸せの国)”、あるいはそこへ通じる入口のようなものと信じられています。例えば、死んだ者はこのウガン島の御嶽からあの世へ旅立ち、幸福をもたらす神はこの御嶽からこの世に降りてくるといった具合です。

ハテ島(端島)
最後の島には灯台
面積/0.14km2周囲/?km
人口/無人島
アクセス/干潮時には前島と陸続きになる。

前島の一番遠くにあるのでハテ島(端島)。標高62mでひょうたん島のような形をしています。島の先端付近には小さな端島灯台(昭和55年3月30日初点灯)が立っています。

関連リンク

渡嘉敷村 - 公式サイト
渡嘉敷村商工会 オフィシャルサイト
慶良間列島
▲慶良間列島
◆慶良間諸島の宿[じゃらん] icon
▲沖縄県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP
09/07/20 更新