沖縄県の島>>瀬底島(せそこじま)
瀬底島の地図(Yahoo!地図情報)
瀬底島(せそこじま)
瀬底島(せそこじま)
シークのクンリ浜はちゅらさよー!
住所/沖縄県国頭郡本部町字瀬底
面積/2.99km2周囲/7.3km
人口/931人(H17)・868人(H12)・810人(H7)国勢調査
アクセス/名護バスターミナルから瀬底線(50分)/那覇から車で80分

瀬底大橋が開通したのは1985年(昭和60年)2月13日のことです。沖縄返還後に最初の架橋計画として話が持ち上がってから13年の歳月を経て完成したもので、地元の人々にとっては長年の夢の実現でした。全長762mは当時の沖縄県では最長を誇り、エメラルドグリーンの海を貫く美しい姿は多くの観光客を呼び、地元の人々は喜びと感謝を込めてこの橋を黄金(クガニ)橋と呼びました。
橋ができる以前はサトウキビ栽培やモズクの養殖などが島の基幹産業で、本島との間を渡し舟が行き来するという長閑な島でしたが、架橋とともにゴルフ場やたくさんのペンションが造られ、次第にリゾートアイランドとしての顔が色濃くなっていきました。
なかでも白い砂浜が1kmも続く瀬底ビーチは以前から評判のビーチで、5月~10月の海水浴シーズンになると多くの観光客が訪れます。しかし、人気が増すほどに人の手による荒廃が進むという避けられない現実もあり、マナーの悪さに伴うゴミ問題、リゾート開発の進出とその挫折による管理と景観の破壊、それに温暖化が原因と思われる海水温上昇による珊瑚の死滅などが重なり、評判を落とした時期もあったようです。しかし、そういった問題も地元の人達の努力により次第に払拭され、昔ながらの透明度の高い海と白い砂浜は訪れる人々を魅了し、リピーターが多いビーチとして常に上位の人気を得ています。
地元の人は瀬底島のことをシークあるいはシスク(シシク)と呼びます。そして瀬底ビーチはクンリ浜、瀬底大橋の袂にある浜をアンチ浜。瀬底島特有のヤギとヤギを闘わせるピージャーオーラサイ。農業の神様・土帝君(とていくん)はティーティンク。言葉の由来はともかく、これらの言葉を口ずさむだけで、その響きは沖縄のそして瀬底の雰囲気を伝えてくれます。島内からは縄文時代の貝塚がいくつも見つかっているといいます。大城御嶽(うふぐすくうたき)からは中世の陶器片も見つかっています。古代から現代に至るまで延々と続く人間の営みとともに、この島の美しさも変わらずに続いていたのでしょう。

関連リンク

本部町ホームページ
もとぶ町観光協会
瀬底島 お役立ちサイト
▲沖縄県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP
◆本部・伊江島・水納島の宿[じゃらん] icon
09/06/09 更新