沖縄県の島>>座間味島(ざまみじま)
座間味島(ざまみじま)
恋人に逢える島
住所/沖縄県島尻郡座間味村字座間味
面積/6.66km2周囲/23.2km
人口/646人(H19・12月推計)・597人(H12)・611人(H7)国勢調査
アクセス/
【高速船】沖縄・那覇泊港→座間味港(50分)
【フェリー】沖縄・那覇泊港→阿嘉島→座間味港(2時間)
【飛行機】那覇空港からチャーター機→外地島・慶良間空港(20分)→阿嘉港(バス15分)→座間味港(船15分)

座間味村は慶良間列島の西側に点在する20余りの島々で成り立っています。その中で面積が一番大きく、人口が最も多いのが座間味島です。那覇から西へ約40km、高速船で1時間の船旅で、沖縄でも屈指のダイビングスポットを有する慶良間の拠点、座間味島へ到着します。
夏はマリンスポーツ、冬はホエールウォッチングや音楽祭と年間を通していろいろなイベントが行われ、延べ40,000人以上の来訪者を数えています。ダイビングやマリンサービスのショップは約50軒、ペンションや民宿などの宿泊施設も40軒ほど有ります。かつてはカツオ漁で栄えた島もすっかり観光の島としての顔が定着しています。
座間味島はリアス式の複雑な地形をしています。全体的に山がちで、100m以上の山々が連なり、海岸線まで山肌が迫ります。そして、海岸の抉(えぐ)れた所に白い砂が溜まり、その先には淡いグリーンから濃いブルーへと変化する静かな海が広がります。人気の海岸は南側の古座間味ビーチ。白い砂浜が850m続き、シーズンにはビーチパラソルがきれいに並びます。そして港の西側にある阿真ビーチ。対岸には阿嘉島や嘉比島が望め、古座間味とは一味違った雰囲気を楽しむことができます。
ダイビングやシュノーケリングばかりではなく、島の展望所を巡ってみるのも感動ものです。レンタサイクルもありますが、周囲23kmの島。展望所巡りは自転車ではちょっと大変そうです。レンタバイクや軽自動車が借りれるようなので、それに乗って遠くの島々や眼下に広がるコバルトブルーの海、そして茜色の夕陽を肌で感じて写真に収めれば、それで思い出はバッチリでしょう。
港にあるクジラ公園前の海中にはクジラのモニュメントがあります。島の西側のニタ浜沖にザトウクジラが現れる場所があり、冬場の1月~3月はホエールウォッチングが行われます。
そして、宇論の崎には対岸の阿嘉島を恋しく見つめる犬の像があります。犬の名はマリリン。阿嘉島に住む雄犬シロが座間味島の雌犬マリリンに逢うために、3キロの海を何度も渡ってくるという話。これは実話のようですが、1988年には「マリリンに逢いたい」という映画になり話題を呼びました。ちなみに、阿嘉島には座間味島を恋しく見つめるシロの像があります。慶良間の島々には毎年たくさんの若者が訪れます。きっとマリリンとシロのように海を隔てて切ない想いを抱く人がたくさんいることでしょう。

関連リンク

座間味村役場公式HP
慶良間列島
▲慶良間列島
▲沖縄県のTOP ▲日本の島へ行こうTOP
※阿嘉島
09/07/07 更新