佐賀県の島玄海諸島高島(たかしま)
高島(たかしま)玄海諸島
宝くじが当っても当らなくても宝当神社
住所/佐賀県唐津市高島
面積/0.62km2周囲/3.0km
人口/346人(H17)・368人(H12)・402人(H7)国勢調査
アクセス/【定期船】唐津港(宝当桟橋)→高島港(11分)
唐津港から海上タクシーも有り。

唐津の海岸は虹ノ松原や唐津城などの美しい景観で知られていますが、海を眺めると鳥島、高島、神集島などの小島が風景にアクセントを与えています。高島は山が侵食されて台形をしているのでどこから見てもすぐに分かります。こういった地形をメサ(テーブル状台地)と言うそうですが、台地の上には何かがありそうで気になるものです。
高島の標高は170mほどで、南側に緩やかな傾斜が続き、その先の平坦な砂地に集落があります。もともとは静かな漁業の島でしたが、島おこしとして宝当(ほうとう)神社を“宝くじが当たる神社”としてアピールしたことでTVにも取り上げられ、その御利益に与(あずか)ろうとたくさんの人が島を訪れるようになりました。
高島の定住の始まりは天正年間(1573~93年)のことだと言われています。それ以前も漁民の小規模な集落はあったようですが、筑前国吉井の海賊に度々襲われ安住の地ではありませんでした。それを救ったのが野崎綱吉という武将です。綱吉は肥前草野家に仕えていた時、龍造寺隆信の軍に対して奮戦し手柄を立てますが、その若さと勇猛さゆえに家老達から妬まれ、家を追われ高島へと身を隠すことになります。そんな時に再び海賊が島を襲ってきますが、綱吉はひるむことなく船に飛び移り海賊を撃退してしまいます。以来、海賊の襲撃は無くなり、島を救った綱吉は島民から崇められる存在へとなっていきます。この時綱吉と島民が氏神として建てたのが山王宮で、後に塩屋神社と呼ばれるようになる社です。綱吉は天正13年(1586年)に32歳の若さでこの世を去りますが、その墓は綱吉神社として祀られ、島の守護神として代々語り継がれていきます。今でも島民のほとんどが野崎姓だといいます。これはまさしく先祖を敬い、島を守り続けた証しではないでしょうか。
江戸時代の頃は松浦川の河口や高島には塩田が開かれていました。そして明治43年には、その恵みに対して綱吉神社の所に「寶当神社」と書かれた鳥居が奉納されます。以来綱吉神社は「寶当神社」と呼ばれるようになりますが、この“寶当”が後に宝くじが当たる神社として注目集め、観光客を呼ぶ島へと導いたのです。鳥居が奉納されてからおよそ100年、ずっと御先祖様を大事にしてきたことへの報いとして御利益があったのでしょう。
しかし、せっかく島を訪れたのであれば、宝くじばかりではなく、島の自然に目を向けても恵みはあるものです。島を巡る周遊道路や頂上へと続く遊歩道、そして頂上の展望所からは遥か壱岐島も望める絶景が広がります。また海岸には、緑色のカンラン石や輝石を含んだ玄武岩を見つけることができます。これもまた高島のお宝の一つです。
2009年には『波にのり、夢もち帰る宝当復路(ほうとうふくろ)』で「島の宝100景」に選ばれています。
島には売店やキャンプ場はありますが、宿泊施設はありません。遠くから訪れる場合は高島が見える唐津の宿に泊まることになります。

関連リンク

唐津市ポータルサイト
唐津観光協会
宝当神社

◆唐津・呼子 のホテル・旅館[楽天トラベル] icon
◆唐津・呼子の宿[じゃらん] icon
▲日本の島へ行こうTOP▲佐賀県のTOP●高島
09/12/14